いま人気1番のサッカー上達マニュアル

シュート


元Jリーグ、スペインリーグ、日本代表のエースストライカー・城彰二が伝えるMF、FWに必要な条件とは……

 

 公式サイトをチェック

ボールの蹴り方

サッカーの基本の第一歩に、ボールの蹴り方があります。
「蹴り方」と一口に言っても、遠くへ飛ばすための蹴り方。
狙った位置へ正確にボールを飛ばす蹴り方。

 

回転をかけて曲げる。回転をかけずに変化させる。
相手を欺くための蹴り方など、様々な種類があります。

 

ここでは、それらの中から最も基本的な
強いシュート(速いシュート)を蹴る「インステップ・キック」を説明します。

 

「インステップ・キック」は数あるシュートの中でも、強い球や速い球を打ったり
遠くへボールを飛ばすときに使う蹴り方です。
"シュート"といえば、まずこのキックを思い浮かべるでしょう。

 

pic1.gif
まず、ボールの真横に軸足をしっかりと置きます。
真横だと少し窮屈だと感じる場合は、ボールよりもやや後ろでもかまいません。
軸足は、自然な状態で柔らかく膝を曲げて、蹴る方向へつま先を向けます。

 

蹴り足は、まっすぐ、大きくバックスイングします。
このとき足首を伸ばし、脛から足の甲までができるだけ真っ直ぐになるようにします。

 

ボールに当てる部分は、足の甲の真ん中です。
足首を固定し、狙った方向へ真っ直ぐに振り抜きます。

 

大事なのは「ボールの中心を打ち抜く」こと。
ボールに当たった後「蹴り足を真っ直ぐと振り抜く」こと。
この2つです。

 

そのためには、軸足を踏み込む位置とボールの中心を捕らえるという、
2つの感覚を確実に身につけることがポイントです。

 

この感覚の最適なポイントは、技術や身体的な成長によっても変化します。
「今まで出来ていたから、それでいいや」ではなく、
折に触れて、ボールとの最適な距離感を考えるようにしましょう。


 

 

サッカー上達のカギとは…?

シュート

スペインリーグ、日本代表でトップ選手として活躍! JFA公認S級ライセンス取得で、指導者としても活躍! プレイヤー、指導者ともにトップを究めた城彰二氏のサッカー理論を大公開!!

 

シュート